ご挨拶

ご挨拶

高分子ミクロスフェア討論会は,高分子微粒子の合成・物性・分析・応用に関わる科学と技術の発展に貢献することを目的として1980年に福井で創設されて以来,2年に1回開催され、今回で第21回を迎える歴史ある学会です。高分子微粒子には、化学、物理、生物等、様々な分野の研究者、技術者の興味を引きつける力があり、科学と工業を元気にしてくれます。本討論会は,一つの会場に参加者全員が集まり、創意工夫が詰め込まれた研究成果発表を通じて、活発な討論を行うことを特徴としています。

人類は新型コロナウィルスとの戦いの真最中で今後の展開はまだ分かりませんが、この度,2020年3月16日-18日の日程で大阪工業大学(大阪)にて開催させていただくことになりました。困難な時期であっても、高分子微粒子の研究の炎を灯し続ける意思を明らかにするため、本討論会のテーマを「新たな時代へ、前進する高分子ミクロスフェア」とさせて頂きたいと存じます。

年度末の忙しい時期ですが、多くの研究者、技術者の皆様にご参加頂き、高分子微粒子について今一度考え、鳥の目、虫の目、魚の目でみることで、談論風発の討論が繰り広げられますことを期待しております。ご参加頂いた皆様が、実り多い時間を過ごして頂けますことを心から願い、準備を進めております。どうぞご協力のほどよろしくお願い申し上げます。皆様のご参加を大阪の地でお待ちしております。

 

第21回高分子ミクロスフェア討論会運営委員会
藤井秀司,平井智康